短時間のバイトで稼ぐなら

img

学校帰りに短時間だけ働きたい、Wワークで短時間で稼ぐことができたらいいのにという人にお勧めなのが、スーパーやコンビニでのバイトで稼ぐことです。
店を選ぶにあたっては、なるべく大きな店舗がオススメです。
なぜなら、人が多いほどシフトのやりくりがしやすいからです。
実際、学校帰りや会社帰りに、夕方の時間帯から深夜帯までバイトをしている人はけっこういます。
またお店側としても、夕方の時間帯はお客さんが多いので、その時間にできる人を求人している場合も多いです。したがって、土日だけ短時間しかバイトできない人でも、むしろ大歓迎なのです。

例えば、スーパーのチェッカー業務についてご紹介します。
スーパーのチェッカーとはすなわち、レジ業務のことです。
最近は、バーコードリーダーでの商品読み取り、自動でおつりが出てくる自動清算レジが普及しているので、レジバイトが初めての人でも研修をうければスムーズに覚えることができます。
金銭にまつわる仕事ですから、お店の方も丁寧に研修をしてくれます。
最初は商品のスキャンだけ、次はレジだけ、最後にスキャンからレジへの流れと、段階をふんで教えてくださるので、初心者でも安心です。
レジでは現金だけでなく各種カードでの支払いもあるので、それらをしっかり覚えることも重要です。
カード読みとり一体型レジでない場合は、金額が手入力になる場合もあるので、目視確認や復唱をきちんとして、入力間違えのないように確認することが大切です。
また、時間に余裕をもって出勤して、店内の商品配置を積極的に覚えていきましょう。
お客様の質問には、店内にいる他のスタッフが対応することがほとんどなのですが、レジでどの商品がどこにあるか聞かれることもあります。
そのときに、テキパキと答えられたり、お客様と一緒に場所案内できて感謝されると、やりがいにつながります。
短時間で稼ぐことができる仕事を探しているならば、レジの仕事はおすすめです。